機会

   T okyo Techは、才能のある海外の大学生、研究者、教員が共同で研究プロジェクトに取り組むことを歓迎します。学生、教職員、研究者の生活費を支援するために、教育レベル、所属、資格に応じて、以下に示す多くのプログラムを利用できます。東京工業大学の3つの工学部は、アジア、オセアニア、米国、EUの一部の大学の大学院生を対象とした2つの研究交流プログラムも管理しています。  SERPとAOTULE。 AOTULEの詳細については、  ここ。
 

留学生のために、2つの異なる交換プログラムがあります:  YSEP   キャップ これらのプログラムは、6〜12か月間インバウンド学生をサポートする東京テックインターナショナルオフィスによって管理されています。交換留学で大学に入学した学生 合意 東京工業大学との応募のみ可能です。


申請をしようとしているSのtudents  東京工業大学の大学院学位プログラムは、学生が海外で学士号または修士号を取得した後、統合された博士課程の学位プログラムへの入学を申請できる国際大学院プログラムです。大学院のコースは英語で教えられています。日本語のスキルは必要ありませんが、サバイバル日本語を学ぶことをお勧めします。東京工業大学は転校生を受け入れていません。
 

日本学術振興会(JSPS)は、教員、ポスドク研究者、客員研究者の場合、世界中の研究者や教員が日本の大学や研究機関の同僚と協力することを奨励しています。日本学術振興会はさまざまな フェローシッププログラム。それぞれに異なる資格要件があります。東京工業大学では、10日以上の教員訪問もサポートしており、ご要望に応じて申し込みを受け付けています。 TSE部門は、限られた数のアジアの大学院生に、修士号と博士号を求める文部科学省の奨学金に応募する機会を提供しています。